バス運転手になるための免許資格ってどれぐらい難しい?転職はしやすい職業かどうか

バス運転手になるための免許資格ってどれぐらい難しい?転職はしやすい職業かどうか

バスの運転手として働くためには、必ず大型二種自動車免許が必要になってきます。

そのため、まずは資格取得から始める必要があります。

しかし、この資格は21歳以上という条件があり、さらに普通自動車免許もしくは大型一種自動車免許、大型特殊自動車免許を取得してから3年以上経過している必要もあるのです。

年齢的にも年数的にもすぐに就職が難しいという場合には、その時が来るまで別の仕事を続け、転職をしてバス運転手になるという方法となります。

以前に比べてみると、若い人の中で車の免許取得の人気が下がっている傾向にあり、そういった面ではバスの運転手になりやすい環境になってきています。

それでも、安全にお客さんを乗車させる必要があるため、けして簡単に取得ができるという資格でもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    美術・美術監督・デザイナーとして働くコツですが、まずは未経験でもできるアルバイトを探してみてください…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    臨床心理士として働くためには、日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院を卒業する必要があります。…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    プロ野球やJリーグといったスポーツ関連の組織は、華々しいイメージがあり子供の頃から憧れている人も多い…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    動物が好きだという方にとって、ペットショップのスタッフとして働けるのは楽しいものです。基本的には…
  5. ドライバーってどんなお仕事?運転するだけじゃないドライバーのやりがいとは
    ドライバーと言えば運転をするだけのイメージがあるかもしれませんが、実際には様々な仕事内容に分かれてお…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    音響エンジニアには、レコーディングのエンジニアやミキサー、コンサートなどのPAを担当するミキサーなど…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    胚培養士とはエンブリオロジストとも呼ばれ、人工授精や体外受精、顕微授精を行ったり、融解や凍結、培養を…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    公務員のお仕事が特に人気になった時代が2008年度以降とされております。これには理由がありまして…
PAGE TOP