バス運転手になるための免許資格ってどれぐらい難しい?転職はしやすい職業かどうか

バス運転手になるための免許資格ってどれぐらい難しい?転職はしやすい職業かどうか

バスの運転手として働くためには、必ず大型二種自動車免許が必要になってきます。

そのため、まずは資格取得から始める必要があります。

しかし、この資格は21歳以上という条件があり、さらに普通自動車免許もしくは大型一種自動車免許、大型特殊自動車免許を取得してから3年以上経過している必要もあるのです。

年齢的にも年数的にもすぐに就職が難しいという場合には、その時が来るまで別の仕事を続け、転職をしてバス運転手になるという方法となります。

以前に比べてみると、若い人の中で車の免許取得の人気が下がっている傾向にあり、そういった面ではバスの運転手になりやすい環境になってきています。

それでも、安全にお客さんを乗車させる必要があるため、けして簡単に取得ができるという資格でもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2005年に人気だった仕事はIT関連の会社で、その時代背景はIT関連の会社で働く人のことを時代の寵児…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    プロ野球やJリーグといったスポーツ関連の組織は、華々しいイメージがあり子供の頃から憧れている人も多い…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    お客様を快適に目的地までお届けすること、それが客室乗務員のお仕事です。でもそれは日々の業務であり…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2004年に子どもから人気だった仕事は、当時はまだ男の子はスポーツ選手が多かったのです。アニメや…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2003年は、特に就職氷河期と言われていた社会的に就職難だった時代です。特に就職氷河期に該当する…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2002年に人気だった仕事のうちの1つは、IT関係の仕事です。2002年にはITバブルがすでに崩…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    画家になって働くコツは、画家になったときの自分を強くイメージすることが大切です。もう少し具体的に…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    PA(音響)はライブコンサートやイベントなどの縁の下の力持ちになる職業、ライブコンサートなどの場合は…
PAGE TOP