電車運転士になるにはどうすればいいのか。ロマンを運ぶ電車の運転手のなり方

電車運転士になるにはどうすればいいのか。ロマンを運ぶ電車の運転手のなり方

電車の運転士のなり方は、高校・専門学校・大学を卒業して鉄道会社やJRに就職するというのが早道です。

鉄道会社やJRに入っても、すぐに電車を運転できるわけではありません。

最初は窓口で切符を売る駅の仕事や、車両のドアの開け閉め車内でお客様の切符を見る車掌の仕事を行います。

そうしながら難しい試験や講習をいくつも受け目や耳、脳波の検査も行います。

機械や電気の回路なども覚えなければいけません。

先輩と一緒に運転する見習い運転士を経て、一人で運転できるようになるまでには、入社して10年ぐらいかかります。

見習い運転士として運転の技術を学んで、動力車操縦者国家試験に合格して免許を取得すれば、電車運転士として常務が可能になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2010年はリーマンショックの後で、就職氷河期と呼ばれた時代です。世界的に金融危機の収束先が、見…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    農業で働くには最初は実績や技術も多くの場合は持ってなく、自分が生活するだけの農作物を作ることは出来ま…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2015年にも、医療系及び公務員などのお仕事は人気でありました。またその時代背景には2014年に…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    栄養士を目指している方は、専門の大学や短大・専門学校で「栄養士資格」を取る必要があります。栄養士…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ファッションモデルとして将来働きたいと考えている場合、フリーランスで活動する方法と事務所に所属して働…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    世界的にも注目を集める和食、日本の心を表すそのお料理を後世へと伝えていく大切なお仕事それが日本料理人…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2018年に人気のあった仕事の一つとしてIT関連の仕事です。その時代背景としては、スマートフォン…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2000年に人気だった仕事といえば、何といってもIT業界です。この時期は1990年代後半に誕…
PAGE TOP