電車運転士になるにはどうすればいいのか。ロマンを運ぶ電車の運転手のなり方

電車運転士になるにはどうすればいいのか。ロマンを運ぶ電車の運転手のなり方

電車の運転士のなり方は、高校・専門学校・大学を卒業して鉄道会社やJRに就職するというのが早道です。

鉄道会社やJRに入っても、すぐに電車を運転できるわけではありません。

最初は窓口で切符を売る駅の仕事や、車両のドアの開け閉め車内でお客様の切符を見る車掌の仕事を行います。

そうしながら難しい試験や講習をいくつも受け目や耳、脳波の検査も行います。

機械や電気の回路なども覚えなければいけません。

先輩と一緒に運転する見習い運転士を経て、一人で運転できるようになるまでには、入社して10年ぐらいかかります。

見習い運転士として運転の技術を学んで、動力車操縦者国家試験に合格して免許を取得すれば、電車運転士として常務が可能になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    「動物が好きだから」といった理由で獣医師として働くことを目指す方は多いです。でも、飼い主が連れて…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ゲームクリエイターとなるための必須の資格といったものはありません。だからこそ、ゲームメーカーやゲ…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2000年に人気だった仕事といえば、何といってもIT業界です。この時期は1990年代後半に誕…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    乗り物は乗っても、眺めても楽しいものです。そんな乗り物を運転するのは、いったいどんな仕事なのでし…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    広告業界で働きたいという人は多く、就職活動などでも大手広告代理店は競争率が高いことでも知られています…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    プロスポーツ選手は優れた才能と幸運をあわせ持たなければ、スタートラインに立つことすら出来ない狭き門で…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    パティシエとして働いていく為に努力すべきことは、もちろんメインのケーキなどの生菓子から焼き菓子・洋菓…
  8. 個人タクシーとして開業するにはどうしたら?他のライバルに勝つためのコツ
    個人タクシーで開業してライバルに勝つためのコツは、顧客の心理を突いた営業が欠かせません。思い…
PAGE TOP