電車運転士になるにはどうすればいいのか。ロマンを運ぶ電車の運転手のなり方

電車運転士になるにはどうすればいいのか。ロマンを運ぶ電車の運転手のなり方

電車の運転士のなり方は、高校・専門学校・大学を卒業して鉄道会社やJRに就職するというのが早道です。

鉄道会社やJRに入っても、すぐに電車を運転できるわけではありません。

最初は窓口で切符を売る駅の仕事や、車両のドアの開け閉め車内でお客様の切符を見る車掌の仕事を行います。

そうしながら難しい試験や講習をいくつも受け目や耳、脳波の検査も行います。

機械や電気の回路なども覚えなければいけません。

先輩と一緒に運転する見習い運転士を経て、一人で運転できるようになるまでには、入社して10年ぐらいかかります。

見習い運転士として運転の技術を学んで、動力車操縦者国家試験に合格して免許を取得すれば、電車運転士として常務が可能になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    思春期の子供に、向き合い生きていくうえでの必要な教育を行うことはとても難しいことです。ただ、やみ…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ホテルスタッフは接客サービスの代表的な職種で、利用者が滞在時間を気持ちよく過ごしてもらうためにさまざ…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    スポーツトレーナーは、国家資格や特別な資格を持っていなければ働くことができないというわけではありませ…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    難しい資格試験に合格しなければならない税理士のお仕事、数字に強く頭の良い方がなるという印象があるでし…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2006年に人気だった仕事ですが、ズバリCAです。2000年放送の「やまとなでしこ」、2003年…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    テレビドラマなどの映像作品を見ていく中で、テレビ俳優を夢見るようになる人は少なくありません。もし…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    パティシエとして働いていく為に努力すべきことは、もちろんメインのケーキなどの生菓子から焼き菓子・洋菓…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ネイルアーティストとして長く働くコツとして、プロ向けの検定などがあるので、それらの資格取得に目標にさ…
PAGE TOP