バスや電車の運転手のアナウンスって緊張しそう。声を届けるためのポイントとは

バスや電車の運転手のアナウンスって緊張しそう。声を届けるためのポイントとは

バスや電車の運転手がアナウンスをしますが、どうしても緊張するのは仕方がありません。

そこで声を届けるためのポイントとしてまずは、出来るだけお客さんが少ない時から練習をしてみて、そこで何度も挑戦して慣れるしかありません。

運転手の場合、そこまでお客さんの目が気になることは少ないですが、それでも気になるときは見えない所でアナウンスをします。

途中で噛みそうになるかもしれませんが、逆にそれに親近感を抱いているくれる人もいます。

機械みたいに話せるよりも人間味あふれる話し方の方が良いです。

失敗したらや上手く出来なかったらなど考えるより、大事にしてほしいのはお客様のことを思い浮かべてその方の笑顔を思い浮かべることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    一生の中で一番の買い物となる家、それを建てる建築家としてのお仕事はやりがいがあります。ですがその…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    留学コーディネーターは、海外で勉強をしたいと考える人のためにサポートをすることが主な仕事になります。…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    お客様を快適に目的地までお届けすること、それが客室乗務員のお仕事です。でもそれは日々の業務であり…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    動物が好きだという方にとって、ペットショップのスタッフとして働けるのは楽しいものです。基本的には…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    進行が上手く行くとは限らず、どのようなトラブルが起こるか分かりません。そんな時にも笑顔で人前で話…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    建設業(総合建設業)で働くには、総合的な建設業をしている企業につとめるのが一番の近道です。IT業…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    将来、漫画家として働くという夢を叶えるに、いくつかの方法・コツがあり、出来ることから行動を起こしてい…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    金融業界の仕事は、銀行以外にも証券会社や保険会社があります。金融緩和により、銀行と証券と保険の垣…
PAGE TOP