仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」

2008年に人気だった仕事。その時代背景とは

2008年に人気を集めた職業といえば、「納棺師(のうかんし)」ではないでしょうか。

納棺師の仕事とは亡くなった方を棺に納めることと、その為に必要な作業を行うものです。

その年にアカデミー賞外国語映画賞と日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞の、話題となった映画をきっかけに、存在が知られることになりました。

この頃の日本は既に高齢化社会が加速し、老後の独居暮らしなどが当たり前になりつつある時代背景もありました。

そんな時代において、これまではスポットライトが当たってこなかった、葬儀や供養に関わる職業が注目されたのも納得がいきます。

宗教観や個人の価値観などに関係なく、必ずやってくる出来事に対して多くの方が考え、終活という言葉を耳にするようになった時期とも重なります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    歌手として働くコツを知っておけば、その夢を叶えることにきっと役立ちます。そのために今すべき努力と…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2010年はリーマンショックの後で、就職氷河期と呼ばれた時代です。世界的に金融危機の収束先が、見…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    お花が好きという人の中には、フラワーデザイナーになりたいと考えている人もいるでしょう。自分の個性…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    犬と人間が良い関係性を築いていくためにしつけを普及させるのが犬の訓練士の主な仕事ですが、犬好きの方な…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    NASAで働くコツは、日本に存在しているJAXAの試験に通ることです。日本が誇る宇宙部門であるJ…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    エンジニアと一言でいってもいろいろな種類の職種が、ありシステムやITやゲームやその他にもあります。…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2004年に子どもから人気だった仕事は、当時はまだ男の子はスポーツ選手が多かったのです。アニメや…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    「動物が好きだから」といった理由で獣医師として働くことを目指す方は多いです。でも、飼い主が連れて…
PAGE TOP