仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」

2008年に人気だった仕事。その時代背景とは

2008年に人気を集めた職業といえば、「納棺師(のうかんし)」ではないでしょうか。

納棺師の仕事とは亡くなった方を棺に納めることと、その為に必要な作業を行うものです。

その年にアカデミー賞外国語映画賞と日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞の、話題となった映画をきっかけに、存在が知られることになりました。

この頃の日本は既に高齢化社会が加速し、老後の独居暮らしなどが当たり前になりつつある時代背景もありました。

そんな時代において、これまではスポットライトが当たってこなかった、葬儀や供養に関わる職業が注目されたのも納得がいきます。

宗教観や個人の価値観などに関係なく、必ずやってくる出来事に対して多くの方が考え、終活という言葉を耳にするようになった時期とも重なります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    宇宙開発技術者になって働く夢があるなら、数学や物理学に科学など、広範囲の知識を身につける努力が必要で…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    映画は芸術の1ジャンルであると同時に娯楽産業でもあります。そのため、映画監督には芸術家のセンスと…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    PA(音響)はライブコンサートやイベントなどの縁の下の力持ちになる職業、ライブコンサートなどの場合は…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    絵本作家として働くには絵本を発表する必要があり、編集者に絵本を認められると雑誌等で作品を発表すること…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    パティシエとして働いていく為に努力すべきことは、もちろんメインのケーキなどの生菓子から焼き菓子・洋菓…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    機械設計として働くためには、さまざまな知識が必要です。特に構造力学や材料力学、熱力学、流体力学と…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2013年になると未曾有の大災害であった東日本大震災から2年がおよそ経過した時期であります。世界…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    水族館の飼育係として働くコツとしては、募集をしている水族館を早くからリサーチしておくことです。水…
PAGE TOP