バスや電車の運転手のアナウンスって緊張しそう。声を届けるためのポイントとは

バスや電車の運転手のアナウンスって緊張しそう。声を届けるためのポイントとは

バスや電車の運転手がアナウンスをしますが、どうしても緊張するのは仕方がありません。

そこで声を届けるためのポイントとしてまずは、出来るだけお客さんが少ない時から練習をしてみて、そこで何度も挑戦して慣れるしかありません。

運転手の場合、そこまでお客さんの目が気になることは少ないですが、それでも気になるときは見えない所でアナウンスをします。

途中で噛みそうになるかもしれませんが、逆にそれに親近感を抱いているくれる人もいます。

機械みたいに話せるよりも人間味あふれる話し方の方が良いです。

失敗したらや上手く出来なかったらなど考えるより、大事にしてほしいのはお客様のことを思い浮かべてその方の笑顔を思い浮かべることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    編集者として働くコツは大きく3つあります。まず第一にきちんと勉学に励み、可能な限りレベルの高い大…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    警察官として、地域住民の安全を守る仕事をしたいと考えている人は少なくありません。警察官として働く…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ファッションデザイナーとして働くコツですが、やはりファッションに対しての熱意があるかどうかです。…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    メイクアップアーティストの仕事がやってみたい、昔からの夢を叶えたいとともっている方は技術を習得するの…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2012年になると、景気の回復が少し見られてきます。また、2011年の3月に起きた未曾有の大被害…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    通訳として働くためには外国語の勉強をすることも大切ですが、日本語もしっかりと勉強をすることがコツとな…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    一口にカメラマンといっても雑誌やポスター等広告の写真を撮影する人もいますし、テレビや新聞などメディア…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    将来、アニメーターとして働くために今からする努力のコツは、常にオリジナルイラストの腕を上達させること…
PAGE TOP