バスや電車の運転手のアナウンスって緊張しそう。声を届けるためのポイントとは

バスや電車の運転手のアナウンスって緊張しそう。声を届けるためのポイントとは

バスや電車の運転手がアナウンスをしますが、どうしても緊張するのは仕方がありません。

そこで声を届けるためのポイントとしてまずは、出来るだけお客さんが少ない時から練習をしてみて、そこで何度も挑戦して慣れるしかありません。

運転手の場合、そこまでお客さんの目が気になることは少ないですが、それでも気になるときは見えない所でアナウンスをします。

途中で噛みそうになるかもしれませんが、逆にそれに親近感を抱いているくれる人もいます。

機械みたいに話せるよりも人間味あふれる話し方の方が良いです。

失敗したらや上手く出来なかったらなど考えるより、大事にしてほしいのはお客様のことを思い浮かべてその方の笑顔を思い浮かべることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ただ文章が書けるだけでなく、人の心に訴えかける作品をいくつも作ることが出来る方が作家として名を残しず…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    お花が好きという人の中には、フラワーデザイナーになりたいと考えている人もいるでしょう。自分の個性…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    保育士は子供の健やかな成長をサポートする職業で、共働き世帯が増えた現代ではニーズの高い職業といえます…
  4. 電車運転士になるにはどうすればいいのか。ロマンを運ぶ電車の運転手のなり方
    電車の運転士のなり方は、高校・専門学校・大学を卒業して鉄道会社やJRに就職するというのが早道です。…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ファッションデザイナーとして働くコツですが、やはりファッションに対しての熱意があるかどうかです。…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    一生の中で一番の買い物となる家、それを建てる建築家としてのお仕事はやりがいがあります。ですがその…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2004年に子どもから人気だった仕事は、当時はまだ男の子はスポーツ選手が多かったのです。アニメや…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    スタイリストは、モデルさんのためにおしゃれな衣装を用意する仕事となり、ファッションに興味を持っている…
PAGE TOP