バス運転手になるための免許資格ってどれぐらい難しい?転職はしやすい職業かどうか

バス運転手になるための免許資格ってどれぐらい難しい?転職はしやすい職業かどうか

バスの運転手として働くためには、必ず大型二種自動車免許が必要になってきます。

そのため、まずは資格取得から始める必要があります。

しかし、この資格は21歳以上という条件があり、さらに普通自動車免許もしくは大型一種自動車免許、大型特殊自動車免許を取得してから3年以上経過している必要もあるのです。

年齢的にも年数的にもすぐに就職が難しいという場合には、その時が来るまで別の仕事を続け、転職をしてバス運転手になるという方法となります。

以前に比べてみると、若い人の中で車の免許取得の人気が下がっている傾向にあり、そういった面ではバスの運転手になりやすい環境になってきています。

それでも、安全にお客さんを乗車させる必要があるため、けして簡単に取得ができるという資格でもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    音響エンジニアには、レコーディングのエンジニアやミキサー、コンサートなどのPAを担当するミキサーなど…
  2. 郵便配達の仕事って大変?雨の日や不在時などの苦労や辛さとは
    郵便配達の仕事は簡単と想像している方もいますが、決して楽な仕事ではありません。地域差が生じて…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    パークレンジャーは全国にある国立公園管理や希少動物の保護などを行う仕事で、事務と野外があり事務は公園…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2006年に人気だった仕事ですが、ズバリCAです。2000年放送の「やまとなでしこ」、2003年…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2010年はリーマンショックの後で、就職氷河期と呼ばれた時代です。世界的に金融危機の収束先が、見…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    音楽業界に無くてはならない職業がミキサーですが、将来このミキサーとして働くには日頃から様々な音に触れ…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    楽器を演奏するのも良いですが、楽器職人として裏方の役割で働くのもまたやりがいのあることです。ラフ…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    企業における監査と会計を公正な立場でチェックして専門家として違憲することが公認会計士の主な仕事です。…
PAGE TOP