バス運転手になるための免許資格ってどれぐらい難しい?転職はしやすい職業かどうか

バス運転手になるための免許資格ってどれぐらい難しい?転職はしやすい職業かどうか

バスの運転手として働くためには、必ず大型二種自動車免許が必要になってきます。

そのため、まずは資格取得から始める必要があります。

しかし、この資格は21歳以上という条件があり、さらに普通自動車免許もしくは大型一種自動車免許、大型特殊自動車免許を取得してから3年以上経過している必要もあるのです。

年齢的にも年数的にもすぐに就職が難しいという場合には、その時が来るまで別の仕事を続け、転職をしてバス運転手になるという方法となります。

以前に比べてみると、若い人の中で車の免許取得の人気が下がっている傾向にあり、そういった面ではバスの運転手になりやすい環境になってきています。

それでも、安全にお客さんを乗車させる必要があるため、けして簡単に取得ができるという資格でもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    音響エンジニアには、レコーディングのエンジニアやミキサー、コンサートなどのPAを担当するミキサーなど…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    お客様を快適に目的地までお届けすること、それが客室乗務員のお仕事です。でもそれは日々の業務であり…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    速記者は、コンピューターの普及によって人の発言の記録が機械で簡単にできるようになってきたことから、配…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    プロ野球やJリーグといったスポーツ関連の組織は、華々しいイメージがあり子供の頃から憧れている人も多い…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    中学校・高校教師として働くためには、教員免許を取得して採用されるという流れになります。中学校・高…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    芸能マネージャーとして働くコツは、タレントの予定管理をしっかり行うためのスキルを身に着けておくことで…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    美容師で働く夢を持っている方は、専門学校に入学することは必ず必要です。基本は2年間で学習すること…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    インテリアデザイナーは椅子やテーブル、収納家具といったさまざまなインテリア用品をデザインする仕事で、…
PAGE TOP