仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」

天文台で働くとして働くコツって?夢を叶えるために今すべき努力とは

天文台で働くには、主に研究者と技術職員そして事務職員の3パターンがあります。

研究者になりたければ、まずは大学院まで進学をして博士号を取得しなければいけません。

大学院で5年間天文学科を専攻するのが天文台で研究者として働く最短のコツとなります。

天文台で働くためには物理や数学というのは日常茶飯事で使われるため、これらの学問を日々努力して高めていくことが必要になります。

また技術職員と事務職員に関しては公務員試験に合格しなければいけません。

そして公務員試験合格した際に天文台への勤務を志望した者の中から選考されます。

さらに外国の人とのコミュニケーションも頻繁に行われるため英語の学習も努力する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    臨床心理士として働くためには、日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院を卒業する必要があります。…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    胚培養士とはエンブリオロジストとも呼ばれ、人工授精や体外受精、顕微授精を行ったり、融解や凍結、培養を…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2008年に人気を集めた職業といえば、「納棺師(のうかんし)」ではないでしょうか。納棺師の仕事と…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ファッションモデルとして将来働きたいと考えている場合、フリーランスで活動する方法と事務所に所属して働…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    医師として働くコツはまず周りの人とのコミュニケーションを積極的に取るようにしましょう。仕事仲間と…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2010年はリーマンショックの後で、就職氷河期と呼ばれた時代です。世界的に金融危機の収束先が、見…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    損害保険代理店で損害保険の販売をしていくためには、損害保険募集人の資格が必要です。この資格をまず…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    スタイリストは、モデルさんのためにおしゃれな衣装を用意する仕事となり、ファッションに興味を持っている…

関連リンク

  • https://www.franciacorta.net/ja/

    「フランチャコルタ」は、ワインに使われるブドウの中でも高級な品種である「シャルドネ」や「ピノ・ネーロ」、「ピノ・ビアンコ」をふんだんに使用して作られた、最高級クラスのスパークリングワインです。口当たりのやさしい泡や、食事との合わせやすさ、何より高品質でありながら手軽な価格帯から、近年評判になっています。「イタリアの奇跡」とも評された味わいを、一度試してみてはいかがでしょうか?

    www.franciacorta.net/

PAGE TOP