高齢ドライバー運転手問題にどう立ち向かうか。何歳ぐらいから視力は落ち始める?

高齢ドライバー運転手問題にどう立ち向かうか。何歳ぐらいから視力は落ち始める?

高齢ドライバーが増えていることが問題になっていますが、その時に関係してくるのが視力の低下です。

年齢を重ねてくると老眼になりますが、年と共に目の調節力が下がる状態です。

人は近くを見る時は水晶体を膨らませることにより、近くの一点へピントを合わせてますが、高齢になると水晶体の弾力性が下がって十分に膨らませることが出来なくなり近くのものが見えにくくなります。

目の調節力は30代後半から衰えてきて、自覚しはじめるのは45歳くらいです。

主な症状は近くが見えにくいことや読む距離が少し離れると見える、直ぐに疲れて長い時間読書が出来ないことやメガネをかけると疲れるなどです。

近視だとならないと言われてますが、それは嘘で老眼は全ての人がなる老化現象です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    警察官として、地域住民の安全を守る仕事をしたいと考えている人は少なくありません。警察官として働く…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    宇宙開発技術者になって働く夢があるなら、数学や物理学に科学など、広範囲の知識を身につける努力が必要で…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    思春期の子供に、向き合い生きていくうえでの必要な教育を行うことはとても難しいことです。ただ、やみ…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    映画は芸術の1ジャンルであると同時に娯楽産業でもあります。そのため、映画監督には芸術家のセンスと…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2013年になると未曾有の大災害であった東日本大震災から2年がおよそ経過した時期であります。世界…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    インテリアデザイナーは椅子やテーブル、収納家具といったさまざまなインテリア用品をデザインする仕事で、…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    美容師で働く夢を持っている方は、専門学校に入学することは必ず必要です。基本は2年間で学習すること…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    保育士は子供の健やかな成長をサポートする職業で、共働き世帯が増えた現代ではニーズの高い職業といえます…

関連リンク

  • ドライバー 派遣

    必要な時に必要な人材を有効活用。ドライバー派遣のことならエクスプレスエージェント。ドライバー不足でお困りの企業様、是非お問い合わせください。

    www.ex-agent.co.jp/

PAGE TOP