仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」

音響エンジニアとして働くコツって?夢を叶えるために今すべき努力とは

音響エンジニアには、レコーディングのエンジニアやミキサー、コンサートなどのPAを担当するミキサーなどのほかにオーディオメーカーなどでアンプやスピーカー、マイクなどの研究や設計など多くの仕事が有ります。

ご自身がどの分野の音響エンジニアとして働くことを希望しているかによって変わりますが、メーカーで設計や研究をしたいので有れば、大学の電気工学部で専門科目を学ぶのが良い方法です。

レコーディングの音響エンジニアは、ミキサーやレコーディング、マイクセッティングなどの仕事が有りますが、工学的な事よりも、音楽に詳しいこと、楽譜が読めるなどの音楽的なセンスがコツとなりますので専門知識として音楽を学んでおくことは必用です。

PAの場合は舞台関連の会社に就職することが一番の近道で、コツは先輩の音響エンジニアに仕事を教えて貰うことでミキサーになれるチャンスを掴むことが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    世界的にも注目を集める和食、日本の心を表すそのお料理を後世へと伝えていく大切なお仕事それが日本料理人…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2016年はテレビや雑誌などのメディアなどでeスポーツが取り上げられるようになり、競技としてのテレビ…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    パン職人として働くためには、パン作りの確かな技術を身に付けることが必要不可欠です。製菓学校などで…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2018年に人気のあった仕事の一つとしてIT関連の仕事です。その時代背景としては、スマートフォン…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    医師として働くコツはまず周りの人とのコミュニケーションを積極的に取るようにしましょう。仕事仲間と…
  6. ドライバーってどんなお仕事?運転するだけじゃないドライバーのやりがいとは
    ドライバーと言えば運転をするだけのイメージがあるかもしれませんが、実際には様々な仕事内容に分かれてお…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    テレビドラマなどの映像作品を見ていく中で、テレビ俳優を夢見るようになる人は少なくありません。もし…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    臨床心理士として働くためには、日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院を卒業する必要があります。…
PAGE TOP