仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」

音響エンジニアとして働くコツって?夢を叶えるために今すべき努力とは

音響エンジニアには、レコーディングのエンジニアやミキサー、コンサートなどのPAを担当するミキサーなどのほかにオーディオメーカーなどでアンプやスピーカー、マイクなどの研究や設計など多くの仕事が有ります。

ご自身がどの分野の音響エンジニアとして働くことを希望しているかによって変わりますが、メーカーで設計や研究をしたいので有れば、大学の電気工学部で専門科目を学ぶのが良い方法です。

レコーディングの音響エンジニアは、ミキサーやレコーディング、マイクセッティングなどの仕事が有りますが、工学的な事よりも、音楽に詳しいこと、楽譜が読めるなどの音楽的なセンスがコツとなりますので専門知識として音楽を学んでおくことは必用です。

PAの場合は舞台関連の会社に就職することが一番の近道で、コツは先輩の音響エンジニアに仕事を教えて貰うことでミキサーになれるチャンスを掴むことが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    仕事をしている時に自分には才能が無いのかも、と感じることがあるかもしれません。そんな時に偉人ニー…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    楽器を演奏するのも良いですが、楽器職人として裏方の役割で働くのもまたやりがいのあることです。ラフ…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    政治家は極めて特殊な仕事ということで知られています。条件となるのは一定以上の年齢であるかどうかだ…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    薬剤師は国家資格を持つ専門職で、病院や薬局、ドラッグストアなどで働いています。調剤業務は薬剤師し…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    インテリアコーディネーターは顧客の要望を聞き、住宅の照明や壁紙などの内装のアドバイスをしたり、具体的…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2018年に人気のあった仕事の一つとしてIT関連の仕事です。その時代背景としては、スマートフォン…
  7. 高齢ドライバー運転手問題にどう立ち向かうか。何歳ぐらいから視力は落ち始める?
    高齢ドライバーが増えていることが問題になっていますが、その時に関係してくるのが視力の低下です。…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    エンジニアと一言でいってもいろいろな種類の職種が、ありシステムやITやゲームやその他にもあります。…
PAGE TOP