仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」

2008年に人気だった仕事。その時代背景とは

2008年に人気を集めた職業といえば、「納棺師(のうかんし)」ではないでしょうか。

納棺師の仕事とは亡くなった方を棺に納めることと、その為に必要な作業を行うものです。

その年にアカデミー賞外国語映画賞と日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞の、話題となった映画をきっかけに、存在が知られることになりました。

この頃の日本は既に高齢化社会が加速し、老後の独居暮らしなどが当たり前になりつつある時代背景もありました。

そんな時代において、これまではスポットライトが当たってこなかった、葬儀や供養に関わる職業が注目されたのも納得がいきます。

宗教観や個人の価値観などに関係なく、必ずやってくる出来事に対して多くの方が考え、終活という言葉を耳にするようになった時期とも重なります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    機械の性能に重点を置く技術者とは異なり、インダストリアルデザイナーは、ユーザーが美しいと感じ、機能性…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    犬と人間が良い関係性を築いていくためにしつけを普及させるのが犬の訓練士の主な仕事ですが、犬好きの方な…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    インテリアコーディネーターは顧客の要望を聞き、住宅の照明や壁紙などの内装のアドバイスをしたり、具体的…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ただ文章が書けるだけでなく、人の心に訴えかける作品をいくつも作ることが出来る方が作家として名を残しず…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    音響エンジニアには、レコーディングのエンジニアやミキサー、コンサートなどのPAを担当するミキサーなど…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    公務員(一般行政職)として働くためには、倍率の高い試験に通る必要があります。採用区分は大卒程度の…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ネイルアーティストとして長く働くコツとして、プロ向けの検定などがあるので、それらの資格取得に目標にさ…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    動物が好きだという方にとって、ペットショップのスタッフとして働けるのは楽しいものです。基本的には…
PAGE TOP