仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」

胚培養士として働くコツって?夢を叶えるために今すべき努力とは

胚培養士とはエンブリオロジストとも呼ばれ、人工授精や体外受精、顕微授精を行ったり、融解や凍結、培養を行う人のことを指します。

国家資格ではなく、日本臨床エンブリオロジスト学会・一般社団法人日本卵子学会・一般社団法人日本生殖医学会が行っている試験に合格することで胚培養士を名乗ることが出来ます。

しかし、受験するには不妊治療を行っている医療現場で一年以上の実務経験、もしくは専門の養成機関に通うことで受験資格が得られます。

不妊治療が認知されるにつれて需要が高まってきていて、畜産や看護を学んで胚に関する知識やコツを持っている人が胚培養士になるというケースも増えてきています。

医学や生理学の他に統計学や倫理学の知識が必要になるので、胚培養士として働くためにはたくさん勉強する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 大型トラックの魅力とは。月給50万円も夢じゃないトラック運転手のメリット・デメリット
    大型トラックの運転手として働く魅力はたくさんありますが、まず挙げられるのが働き先がたくさんあり比較的…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    スタイリストは、モデルさんのためにおしゃれな衣装を用意する仕事となり、ファッションに興味を持っている…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    スポーツ用品メーカーの仕事は、スポーツを支えるための用具や企画、デザインや販売が主な仕事で、一般ユー…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    公務員(一般行政職)として働くためには、倍率の高い試験に通る必要があります。採用区分は大卒程度の…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    消防官は公務員ですから、役所で働く公務員と同様に採用試験に合格する必要があります。ですが、ただ採…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    一口にカメラマンといっても雑誌やポスター等広告の写真を撮影する人もいますし、テレビや新聞などメディア…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2017年に人気だった仕事について、何を思い浮かべるでしょうか。実は、これまで多くの人に避けられ…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    日本に旅行に来る外国の方も増えていますし、日本人でもシニア層の旅行人気は日帰りから海外旅行までありま…
PAGE TOP