仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」

胚培養士として働くコツって?夢を叶えるために今すべき努力とは

胚培養士とはエンブリオロジストとも呼ばれ、人工授精や体外受精、顕微授精を行ったり、融解や凍結、培養を行う人のことを指します。

国家資格ではなく、日本臨床エンブリオロジスト学会・一般社団法人日本卵子学会・一般社団法人日本生殖医学会が行っている試験に合格することで胚培養士を名乗ることが出来ます。

しかし、受験するには不妊治療を行っている医療現場で一年以上の実務経験、もしくは専門の養成機関に通うことで受験資格が得られます。

不妊治療が認知されるにつれて需要が高まってきていて、畜産や看護を学んで胚に関する知識やコツを持っている人が胚培養士になるというケースも増えてきています。

医学や生理学の他に統計学や倫理学の知識が必要になるので、胚培養士として働くためにはたくさん勉強する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    動物が好きだという方にとって、ペットショップのスタッフとして働けるのは楽しいものです。基本的には…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    天文台で働くには、主に研究者と技術職員そして事務職員の3パターンがあります。研究者になりたければ…
  3. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    美容師で働く夢を持っている方は、専門学校に入学することは必ず必要です。基本は2年間で学習すること…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ゲームプログラマーは多くの人が日常的にゲームを楽しんでいる日本において、トップクラスに人気のある職業…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ホテルスタッフは接客サービスの代表的な職種で、利用者が滞在時間を気持ちよく過ごしてもらうためにさまざ…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    インテリアコーディネーターは顧客の要望を聞き、住宅の照明や壁紙などの内装のアドバイスをしたり、具体的…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    プロスポーツ選手は優れた才能と幸運をあわせ持たなければ、スタートラインに立つことすら出来ない狭き門で…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2013年になると未曾有の大災害であった東日本大震災から2年がおよそ経過した時期であります。世界…
PAGE TOP