仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」

プログラマーとして働くコツって?夢を叶えるために今すべき努力とは

プログラマーとして働くコツは、具体的にどの業界に入りたいのか明確にしておくことです。

プログラマーと言っても使用する言語は様々であり、例えばC言語に精通している人がJAVAでプログラミングができるわけではありません。

独学で勉強して基礎を身に着けることができますが、言語が目的とずれていると効果的ではないので注意しましょう。

同じ分野でも複数の言語が使用される場合も多いので、どれが需要が高く汎用性が見込めるのか比較して判断すると良いです。

また、プログラマーは設計を基にしてプログラミングをするのが主な仕事になりますが、経験を積むと設計などの上流工程を行うシステムエンジニアに移る場合もあります。

プログラマーのスキルを極めるのか、上流工程に携わりたいのかという点も考えておくと良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    ゲームグラフィックデザイナーとして働くためには、絵画描写ソフトを扱うスキルやCGに関する専門的な知識…
  2. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    PA(音響)はライブコンサートやイベントなどの縁の下の力持ちになる職業、ライブコンサートなどの場合は…
  3. バスや電車の運転手のアナウンスって緊張しそう。声を届けるためのポイントとは
    バスや電車の運転手がアナウンスをしますが、どうしても緊張するのは仕方がありません。そこで声を…
  4. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    小学校教師になるためには教員免許を取得し、教員採用試験に合格する必要があります。教員免許は大学で…
  5. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    グランドホステスは、簡単に空港でチェックイン・案内及び誘導などの業務を行う航空会社の地上勤務職員のこ…
  6. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    精神科の特徴は、目に見えない病気を扱っているという所です。いかに患者さんの立場に立てるのかが、精…
  7. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    水族館の飼育係として働くコツとしては、募集をしている水族館を早くからリサーチしておくことです。水…
  8. 仕事のコツをご紹介「仕事コツ図鑑」
    2008年に人気を集めた職業といえば、「納棺師(のうかんし)」ではないでしょうか。納棺師の仕事と…
PAGE TOP